サッカー大会情報[日程・結果]

第30回海外親善交流試合in韓国

海外親善交流試合in韓国
2016年11月11日〜14日(利川・ソウル)
東京都専門学校選抜選手18名で遠征

【親善交流試合結果】
11/12 東京選抜チーム 2-3 ヨジュ大学(利川)
11/13 東京選抜チーム 8-1 サンムン高校(ソウル)


【親善交流試合 選手の感想コメント】

3泊4日の韓国遠征という貴重な体験をさせていただきありがとうございました。ここまで来られたのも先生方、スタッフのみなさん、一緒に選抜で戦ったメンバー、家族、友人の支えかあったからです。
初めての海外では、毎日が吸収するものばかりで自分のこれからの人生に繋がることばかりでした。
韓国の文化・食に触れる事ができて、日本とは全く違った事を学ぶ事ができました。
サッカーの面では1勝1敗と全勝する事ができず、自分は点を取る事ができず悔しい思いで日本に帰って来ました。
でも、これからの自分のサッカー人生に繋がる試合だったと思います。
サッカーを通じて今回の遠征メンバーと、またサッカーしたいと思える大切な仲間になりました。改めてサッカーは最高だと実感しました。
今回の遠征をこれからの自分の人生に繋げて、ここまで支えてくださった周りの人達に恩返しできるようにしていきたいと思います。
(東京工学院専門学校 大澤碧生)


この韓国遠征で多文化との交流の大切さを改めて知ることが出来ました。サッカーなど、スポーツを通して海外との交流をさらに深めて行けたらと思います。4日間ありがとうございました!
来年も機会がありましたらチャレンジしてみたいと思います。
(東京リゾート&スポーツ専門学校 江口祐太)


この4日間、貴重な時間を過ごすことができました。
直接、韓国の方たちと触れ合い、韓国の文化、生活など多くのことを学ぶことができ、良い経験になりました。また、サッカーでは1勝1敗という結果でしたが、素晴らしい仲間とサッカーをすることができて良かったです。4日間ありがとうございました。
(日本健康医療専門学校 野崎麟二)


4日間楽しい時間を過ごせてとても良い経験になりました。
自分は怪我をしていてサッカーとはあまり関わらなかったけど、その短い時間でも多くのことを学びました。
韓国の方達はとてもフレンドリーで接しやすかったです。国は違えど英語やジェスチャーを使って話題を共有できたことがとても嬉しかったです。
(日本健康医療専門学校 野村竜平)


3泊4日韓国遠征に行って韓国の人と交流試合をしたりご飯を食べたりしてとてもいい経験になりました。
試合の方はキーパー1人という事で2日間試合に全部出られたのでとても嬉しかったです。
ご飯はとても美味しく全体的に辛かったです。4日間では足りないくらい楽しくとても充実しました。
また機会があったら是非行きたいです。ありがとうございました。
(東京リゾート&スポーツ専門学校 馬場紀行)


今回の韓国遠征で感じたのは国や文化、言葉や食事など日本とは違うことが多々あったけどボール1つで人と人は繋がれるのだと感じました。
勝てる試合を負けてしまったことはとても悔しかったけど、自分に足りないものや通用する部分が明確化できたことはとても良かったし、今後のプレーや人生の糧になることは間違いないと思います。
こんなにいい経験ができたのもたくさんの人に支えてもらったからだと思うので感謝の気持ちを忘れず今後のサッカー、学校生活を大切に過ごしていきたいです。
ありがとうございました。
(東京リゾート&スポーツ専門学校 福田哲太)


今回の韓国遠征でサッカーはもちろん韓国の文化などを学べ、良い経験になりました。
試合は1勝1敗で2勝とはいかなかったですけれど、自分が出来ることを精一杯できましたし、いろいろ学ぶことができ、今度のサッカーに生かしたいと思います。
3日目のパーティーでは最初はすごく行きたくなかったのですが、実際韓国の人と絡んでみて言葉は通じなかったけれど英語やジェスチャーなどで会話をし、すごく楽しいパーティーになりまた。
本当にありがとうございます。
(日本健康医療専門学校 竹内拓哉)


今回初めての東京選抜メンバーで韓国遠征に行くことで、他の専門学校の選手たちと仲良くなり横のつながりが広がった。
練習試合のときは緊張して硬くなり思うようにプレーが出来なかったが、一緒に試合したり、生活することで硬さもとれ自分らしいプレーが出来た。
韓国の人たちとは言葉も文化も違う中で一緒にプレーすることで、言葉や文化を超えて心が通じ合えたと思う。
平和記念館や収容所へ観光したことで、日本が昔韓国にした罪を理解しなければならないと思う、また自分達がこうして韓国に遠征できたのも昔韓国と日本を繋げてくれた人たちなので、そのことに感謝し自分達も韓国と日本をつなぐ架け橋にならなければいけないと思った。                  
(東京メディカル・スポーツ専門学校 渡邊陽平)


初めての海外遠征、韓国で、サッカーでは何が通じて何が通じないのか、生活や文化では何が違うのか、楽しみと不安が半々でしたが、自分のプレーが出来たのは大きな自信になったし、向こうでの生活も、皆と楽しく過ごせたので、凄く大きな経験になりました。韓国で感じたこと、思ったことを日本で、周りの人に伝えたりプレーで見せたりできればいいなと思います。
(東京スポーツ・レクリエーション専門学校 神谷 翼)


韓国遠征での試合は、1勝1敗と中途半端な結果でした。しかし、試合内容としては個人個人が得意なプレーを行ったり、仲間のコミュニケーションを取って連携・連動してゴールを奪ったり、ボールを奪ったり出来ました。
今回の韓国遠征での経験、体験を次のステージに活かしていきたいです。ありがとうございました。 
(東京スポーツ・レクリエーション専門学校 多胡克哉)


高校1年生以来の韓国遠征でしたが、日本とは言葉も文化も違う環境の中でサッカーが出来た事はとても良い経験になりました。体格も違えば、サッカースタイルも違う、そんな相手に自分のプレーが通用した事は自信になりました。また、この遠征の前に膝の怪我をしてしまい、現地でプレーできるか分からない状態でこの遠征に臨みましたが、スタッフのサポートもあり、十分ではありませんがプレーできた事はすごく嬉しかったです。この韓国遠征で得たものを、来月の学生トーナメント、来年に活かし、全ての大会で優勝できるようにこれから頑張っていこうと思います。 
(東京スポーツ・レクリエーション専門学校 杉岡勇紀)


今回の遠征ではサッカーや、韓国の方達との交流から多くのことを学ぶことができました。
お互いの国の言葉がわからない中、英語やジェスチャーを使い、通じた時の達成感は普段では味わえないものでした。また、日常生活のマナーや文化の違いにも驚くことばかりでした。
出国審査の時にリュックを忘れたり、ソックスをホテルに置いてくるといったハプニングはありましたが、大きな事故などなくこの遠征を終えることができてよかったです。
(日本健康医療専門学校 水口涼)


今回で2回目の韓国遠征でしたが、韓国と日本の文化の違いを改めて知り沢山のことを学べたと思います。
試合の方は、前回参加させて頂いた経験を活かし積極的にチームを引っ張っていけるように心がけ、チームメイトとコミュニケーションをとりながら試合をスムーズに進めることができたと思います。
今回の遠征で他のチームの選手とも仲良くなりとても楽しく過ごせましたので今後もこの経験を活かしていきたいと思います。
スタッフの方々、ありがとうございました。
(日本工学院八王子専門学校 木戸 介)


今回の韓国遠征で行った試合の中でフィジカルの強さを身をもって感じる事ができとてもいい経験になったと思います。
食事は基本的に辛いものが多く新陳代謝が世奥なりました。カムサハムニダ。
(日本工学院八王子専門学校 岩松 稜弥)


今回韓国遠征のメンバーに選出され、キャプテンとして3泊4日過ごしてきました。韓国の文化を知るため、韓国の歴史館などを見学する機会もあり、これから日本と韓国の関係をより良くしていきたいと感じました。
このような貴重な経験を経て、私の中でも少しずつ韓国の人との交流など今の自分にできる事をしていこうと思います。
(日本工学院八王子専門学校 藤川 尚真)


今回の遠征で言葉も文化も違う韓国でサッカーできていい経験になりました。
2ゴール2アシストとゆう結果も残せてよかったです。
この経験をこれからのサッカーに活かしていきたいと思います。
(日本工学院八王子専門学校 久保田 竜二)


今回の韓国遠征で日本と違う文化の中で4日間過ごし、日本では得られない経験やたくさんのことを学ぶことができ自分の人生の中でとても大きなものになりました。   試合は一勝一敗と満足できる結果ではなく悔しい思いをしたので来年リベンジしたいです!このような経験をさせていただきサッカーができる環境を作っていただいた皆様に感謝しています。ありがとうございました。
(東京リゾート&スポーツ専門学校 山本 駿一郎)


今回の韓国遠征ではとてもいい経験をさせて頂きありがとうございました。
日本との文化の違いに驚くこともありましたが、とても充実のした4日間でした。
サッカーの面では、満足のできる結果は残すことが出来なかったのでこの悔しさを来年にぶつけます。
(東京リゾート&スポーツ専門学校 横田風真)








Copyright (C) 2017 Tokyo Academy Football Association All Rights Reserved.