規約

東京都専門学校サッカー連盟規約


第一章 総 則
(名称)
第1条 本連盟は、東京都専門学校サッカー連盟と称する。
第2条 本連盟は、(財)日本サッカー協会の憲章に基づき東京都サッカー協会の統轄を受ける。
(目的)
第3条 本連盟は、各加盟校相互の親睦を図り、専門学校のサッカー水準向上を期し、サッカー競技の普及につとめるを以て目的とする。
(事務局)
第4条 本連盟の事務局を、東京都新宿区百人町1-25-4日本電子専門学校内に置く。

第二章 事 業
(事業内容)
第5条 本連盟は、第3条の目的を達する為、次の事業を行う。
1,東京都専門学校サッカー大会の実施(春秋2回)
2,その他本連盟の目的達成に必要な事業

第三章 組 織
(組織)
第6条 本連盟は、東京都に所在する専門学校のサッカー部を以て組織する。
(加盟)
第7条 本連盟への加盟は、本連盟の理事会の同意を経て、会長の承認を必要とする。又、東京都サッカー協会規約細則第1条に規定された第1種の別に登録できるチームであること。
(除名)
第8条 本連盟の対面を汚したり、加盟校として不適当と理事会が認めたときは、除名することが出来る。

第四章 役 員
第9条 本連盟に次の役員を置く。
1,会長1名
2,副会長若干名
3,理事長1名
4,副理事長若干名
5,理事各加盟校よりそれぞれ1名
6,事務局長1名
7,会計監査2名

(任務)
第10条 役員の任務は次の通りとする。
1,会長は本連盟を代表する。
2,副会長は会長事故ある時は、これを代理する。
3,理事長は理事会を代表する。
4,副理事長は理事長事故ある時、これを代理する。
5,理事は本連盟の運営を円滑ならしめる為、必要事項を計画審議、処理する。
6,事務局長は本連盟の事務を円滑に実行する。
7,会計監査は本連盟の会計を監査し、その結果を総会へ報告する。
(選任)
第11条 役員の選任は次の通りとする。
1,会長・副会長は理事会の推薦により選出する。
2,理事長・副理事長は理事の中から選出する。
3,理事は各校部長・監督・コーチより互選により選出する。
4,事務局長及び会計監査は理事会の推薦により会長が委託する。

(任期)
第12条 役員の任期は2年とする。但し、重任は妨げない。任期途中で交替した場合は、前任者の残存期間とする。

第五章 会 議
(総会)
第13条 総会は本連盟の最高決議機関で年一回開催し、会長がこれを招集、次の事を審議、決定する。
1,本連盟規約の改廃
2,予算並びに決算
3,事業計画
4,役員の選任
5,その他議決を有する重要事項
(理事会)
第14条 理事会は、理事長・副理事長・理事を以て構成し次の事項を処理する。
1,連盟運営に関する事項
2,本会を代表して役員となる者の選出
3,本連盟に関する賞罰の裁量並びにその処理
4,事業計画の立案並びに実施に関すること
5,本規約並びに諸規定の制定改廃に関すること
6,経理に関すること
7,その他
(定足数及び議決)
第15条 各会議は、各長が議長となり構成員の二分の一以上の出席を以て成立し、議決は出席者の過半数を必要とする。可否同数の時は議長がこれを決める。
(総会開催要求)
第16条 東京都サッカー協会が必要と認めた時、又は加盟チームの過半数が総会開催要求の理由を示して請求した時、会長は遅延無くこれを招集しなければならない。

第六章 会 計
(資産)
第17条 本連盟の資産管理・運営については理事会の議決を必要とする。
(会費)
第18条 本連盟の加盟校は別に定める会費を納入しなければならない。
(経費)
第19条 本連盟の経費は次に上げるもので支弁する。
1,会費
2,事業収入
3,寄付金収入
4,その他の収入
(会計年度)
第20条 本連盟の会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。

第七章 規約の改廃
(規約改廃)
第21条 本連盟を改廃するには、理事の三分の二以上の同意を得た上で、東京都サッカー協会の承認を得なければならない。

第八章 補 則
(細則)
第22条 本規約に付随して細則を設ける。
(施行)
第23条 本規約並びに細則は平成8年4月1日より施行する。

Copyright (C) 2017 Tokyo Academy Football Association All Rights Reserved.